増える害獣被害 | 害獣、害虫駆除で快適な生活~シロアリやコウモリなどをやっつけろ~

害獣、害虫駆除で快適な生活~シロアリやコウモリなどをやっつけろ~

しっかり駆除で家にも優しい

増える害獣被害

害獣について注意すること

ハクビシン

近年住宅街で害獣による被害が増加しています。害獣とは、人間が生活するなかで害をもたらす哺乳類に属する動物を指す言葉で、家畜などの飼育動物以外は害獣に含まれることが多いです。被害件数が多い生き物は、ハクビシン・イタチ・アライグマ・ネズミなどが挙げられます。害獣をそのままにしておくと、臭いや騒音だけでなく、やがては深刻な被害を受けて最悪住めなくなってしまうこともあります。大体の害獣は屋根裏に住み着き、そこを巣にして生活しています。そのため屋根裏で糞尿を撒き散らします。長期間続くと、不衛生だけではなく、屋根裏の建材にもダメージをあたえてしまい、家自体の強度が低下します。また、害獣が持っているウイルスが人に感染してしまい健康に支障が出てしまうこともあります。

駆除を検討するときの豆知識

害獣による被害を最小限に抑えるためには、臭いや騒音などに気づいたら早期に害獣駆除を行う必要があります。しかし害獣といっても、鳥獣保護法などの法律や条例があり、害があっても許可なく勝手に自分で駆除できないことがあります。また自分で捕獲したとしても、どのように処分していいのか困ってしまうこともあります。このような場合、害獣駆除の専門店へ依頼することをおすすめします。害獣駆除の専門店に依頼すると、ただ害獣を駆除するだけではなく、糞尿の被害を受けた屋根裏の清掃や消臭、カビやダニなどの殺虫消毒を行うサービスもあります。さらには腐食した建材の補修なども行う専門店もあります。屋根裏の騒音や臭いなど少しでも気になったら、害獣駆除の専門店へ一度相談してみてはいかがでしょうか。